視力低下の原因

近視矯正の基礎知識として、まずは視力の低下原因を知る必要があります。 視力の低下原因は様々ですが、その原因の1つとして眼筋の低下が挙げられます。

我々の眼には、カメラで言うレンズにあたる水晶体と呼ばれる器官があります。この水晶体が厚くなったり薄くなったりすることによって、対象物にピントが合います。 そしてそのピントを調節しているのが、毛様体筋とチン小帯です。2つの眼筋が上手く収縮や弛緩を行うことによって、水晶体の厚みを調節しています。 眼筋が凝り固まってしまうと、厚みを上手く調節できなくなり、対象物にしっかりとピントが合わずにボヤけてしまいます。これが視力低下の1つの原因と言われています。

なぜ、眼筋が凝り固まるのかというと、近くを長時間見続ける事が理由と言われています。パソコンやテレビなど、近くを見続ける事が増えた現代人の眼筋は長い時間緊張し続けることになります。 その結果、眼筋が疲労を起こしその調節能力を低下させてしまうのです。低下してしまった視力を元に戻すのは困難です。そこで使用されるのが、メガネやコンタクトレンズといった矯正器具です。 近視矯正の基礎知識として2つの違いを知っておきましょう。メガネは耳に掛けて使用するタイプの矯正器具でコンタクトレンズは目に直接付けて使用するタイプの矯正器具です。 どちらもメリットとデメリットがあります。近視矯正の基礎知識を身に付けて、自分の生活に何が必要なのか考えてみましょう。